子供と海辺で楽しめる遊び


子供と海辺で楽しめる遊び

川よりもちょっとわくわくして、山ほど気負わず出かけられる自然の遊び場、海。夏は海水浴客でにぎわっていますが、何も泳ぐばかりが海の楽しみ方ではありません。ちょっと暑い夏の日や少し涼しくなってきた秋の日。ふと海が恋しくなったときは、こんな遊びを海辺で子供と楽しんでみませんか?

ビーチフラッグ

砂浜の上で腹這いになってスタンバイ。「よーいドン」で振り向いたらフラッグめがけて猛ダッシュ!体が重たいほど足をとられる砂浜の上では、大人はちょっと不利です。したり顔の子供と悔しがるお父さん、盛り上がること間違いありません。フラッグは砂浜に落ちている木の枝や空き缶でもOKですから、手ぶらで出かけたときもチャレンジできますよ。

砂遊び

ちょっと低年齢向けの遊びに思えるかもしれませんが、これもなかなか盛り上がります。
家族それぞれがおもいおもいの作品を作るもよし、みんなが協力して巨大な建造物の制作にチャレンジするもよし。
子供は穴を掘る係、お父さんは水を運ぶ係、お母さんは指揮官、と役割分担するのも楽しいかもしれませんね。

磯遊び

好奇心旺盛な男の子におすすめなのが岩場で沢ガニや小魚を探す磯遊び。
潮が流れ込む岩場の切れ目や苔の生えた石など、子供の探究心や好奇心をくすぐる発見がたくさんできるはずです。
素足で歩かせる時は、ガラス片や岩でケガをしないように注意してあげてくださいね。

ビーチコーミング

骨董の世界では「海上がり」といわれるビーチコーミング。漂流物の中から珍しいものやおもしろいものを発掘するいわば「宝探し」です。
大人にはごくありふれたものにしか見えない空き缶やガラス瓶だって、子供にとってはまるでキラキラと輝く宝石。
一緒に貝殻などを探してあげると女の子も喜んでくれそうです。

おわりに

海水浴やマリンスポーツと違って、一見地味に見える海辺での遊び。
でも、子供と一緒にこんな海辺での遊びに興じている大人って、子供以上に楽しんでいるように見えませんか?
海辺で遊ぶだけなら水着までは必要ありませんが、砂や泥で汚れてしまったときのために着替えやバスタオルを用意していくと安心ですね。

参考サイト

静岡新聞
漂着物学会