家族と行きたい旅~沖縄のおすすめスポット


家族と行きたい旅~沖縄のおすすめスポット
本州とは大きく異なる自然環境はもちろん、かつての琉球王朝を思い起こさせる歴史的建造物や独特の食文化など、見どころ楽しみどころが満載の沖縄県。「体験型」レジャーの多い沖縄の旅から帰る頃には、きっと子供たちは一回りたくましくなっていることでしょう。本州から各離島へ直接アクセスできるルートもありますが、沖縄旅行が初めての家族連れには、利便性の高い那覇空港を拠点に本島巡りをするのがおすすめです。
家族で沖縄に行くならぜひ訪れたいスポットを、本島から3つピックアップしてみました。

『青の洞窟』で海中遊泳!

沖縄で働くインストラクターさんたちの中には、ダイビングを通じて沖縄の海の魅力に取りつかれ、Ⅰターンしてきた人も少なくないんだとか。人生観を変えてしまうほどの素敵な体験、ぜひ子供のうちにさせてあげたいですよね。
なかでもおすすめなのは、透明度の高い海水と白い砂、そして太陽光が織りなす神秘的な光景が楽しめる恩納村の真栄田岬。「青の洞窟」はダイビング体験ができるスポットです。
参加の条件は「シュノーケルは身長100cm以上、ダイビングは身長140㎝以上」というところが多いようです。沖縄で子供に海中遊泳体験をさせようと考えているなら、ぜひ恩納村に足をのばしてみましょう。

沖縄の全てがここに集約!『おきなわワールド』

鍾乳洞に琉球王国城下町を模した街並み、熱帯フルーツ園、博物館、ハブ酒造所などが所せましと立ち並ぶ『おきなわワールド』。那覇空港から30分というアクセスの良さ、沖縄の魅力をギュッと詰め込んだガラパゴス感が楽しい!と家族連れに大人気のスポットです。
現在は禁止されている「ハブvsマングース」の貴重な映像も見ることができ、伝統芸能エイサーや獅子舞が楽しめるショーは毎日公演中。
子供から年配の方まで、みんなそれぞれに楽しみ方を探せるおきなわワールドはオールシーズンおすすめですよ。

家族旅行の定番『沖縄美ら海水族館』

全長10m近くのアクリル板の向こうで、ジンベイザメやマンタなどの大型種が回遊する光景はまさに圧巻。ひとつの水槽内で複数のジンベイザメが飼育される光景を見られるのは、世界でもここだけです。
自然光をふんだんに取り入れた「サンゴ礁の海」とあわせて見れば、沖縄の海の美しさだけでなく厳しさや恐ろしさ、そこで暮らす生き物たちのたくましさも感じとることができるでしょう。もし時間があれば、同じ海洋公園内のフラワードリームセンターやおきなわ郷土村ものぞいてみてくださいね。

おわりに

パスポート不要で南国リゾートを満喫できる沖縄。もっとも観光客が増えるハイシーズンはもちろん夏場。ですがウエットスーツを着用するマリンスポーツにはあまり季節は関係ありませんので、あえてオフシーズンを狙って人気スポットの貸切状態を楽しむという遊び方もできますよ。また、石垣島や宮古島などの離島観光は大人にとっては魅力的ですが、「泳ぐだけ」「見るだけ」のスケジュールは子どもが退屈しがち。
まずは子どもを飽きさせないように本島内をあちこち巡りながら、お気に入りを探してあげましょう。

参考サイト

おきなわワールド
美ら海水族館